ハットについて

ハットのパーツ


パーツの名前

帽子は「クラウン」と「ブリム」からできています。「クラウン」は上の部分、「ブリム」はツバの部分を指します。


【帽子の表】

ハットのパーツにはそれぞれ名前が付いています。外国から来たものや日本で付けられた名前など
各部それぞれ2種類ほどありますが、どちらを使ってもかまいません。



ハットのパーツ

「クラウン」「トップ」
帽子のリボン上部分をクラウン、その先端をクラウントップと呼びます。

「ツマミ」「フロントピンチ」
クラウンの前の凹んだところ。

「ツバ」「ブリム」
全て下向きのものは「オールダウン」、上向きのものは「オールアップ」、
前下がり後ろ上がりのものは「スナップムリム」と呼びます。

「リボン」「ハットバンド」「帯」
紳士の帽子はリボン一つで印象が変わります。

「ワタリ」
リボン結び目の中心部分。ブランドマークやボタンが付いていることも。
羽根飾りはクラウンとの隙間に差します。

「文二郎帽子店オリジナルバッジ」



【帽子の裏】

良い帽子は裏を見て買え」と言われます。裏にまで神経が行き届いた作りと、裏の品質の良さが高級品の証です。


ハットのパーツ

「ビン蝶」
真後ろのしるし。先端に結び目のあるものは最高級品の証。

「裏布」「裏地」
整髪剤から帽子を守ります。通常冬の帽子のみにつきます。

「ブランドマーク」
オリジナルマークの金色箔押し。

「品質表示」
素材やサイズ、取扱い方法が記載。
画像では品質表示の位置は左側ですが、右側に付いていることもあります。

「ビン皮」「スベリ」「スエットバンド」「汗取りバンド」
汗を止めたりサイズを決めるもの。 端に芯が入っている「たまぶち」を使用。


冬の帽子の基本仕様


【冬の帽子の素材】
 ポルトガル産兎毛100%
アンテロープ
 毛足が短くなめらかな手触り
 生地にコシがある高級素材

 ポルトガル産兎毛100% ミドルアンテ
 毛足が短くバックスキンのような手触り
 薄くて軽い素材

 ポルトガル産兎毛100% ベロア
 毛足をベルベット(ビロード)状に
 カットして
起毛させた素材
 ポルトガル産兎毛100% ロングヘアー
 毛足を長く残して
 つややかに仕上げた素材
 ポーランド産羊毛100%
ウール
 堅牢で丈夫な
 ウール素材

 イタリヤ産カシミヤ山羊100% カシミヤ
 独特のぬめりがあり
 保温性に優れた素材

材料や表面の仕上げによって手触りや印象が全く変わります。
当店では帽子のデザインやシーンによって使い分けています。



【冬の帽子のビン皮】
 ソフリナ
ハットのパーツ
 高級人工皮革
 天然皮革シープのようにソフトで軽量
 (ナイロン60%・ポリウレタン40%)
 アクライナー ハットのパーツ hspace=
 テイジンの吸水速乾素材
 吸水性とドライ感に優れています
 (ポリエステル100%)

通常はソフリナ。カジュアルでたためる帽子「ミドルアンテ/ファー スペシャルソフト」にはアクライナー。



【冬の帽子の裏地】
 裏地あり
ハットのパーツ
 サテン生地
 オリジナルマークの金色箔押し
 裏地なし ハットのパーツ
 天井部分にクオリティマーク

通常は裏地あり。「ミドルアンテ/ファー スペシャルソフト」と「ウール アーバンワイド」は裏地なし。


春秋・夏の帽子の基本仕様


【春秋・夏の帽子の素材】
 エクアドル産本パナマ
グレード1、2(石目)
グレード4、5(あじろ編み)
ツイストタイプ(細・荒)
鈎針編み

 透かし編みのあるものはレースと呼びます
 色は基本のオフホワイト・ベージュの他に
 ブラックやブラウンなどのカラータイプも
 ストロー100%ブレード
 (小麦の茎)

 4.5mm巾の極細ストロー
 ブレード巾が細いほど高級品

 麻100%ブレード

 5.5cm巾のブレード
 ブレードを縫い上げるには高い技術が必要
 中国産花麦わら
 外国製の「モットル」とは違い
 軽くて薄いのが特徴

価格の大きな違いは編み目の細かさ。目が細かいほどしなやかで、編む手間がかかるため高価です。



【春秋・夏の帽子のビン皮】
 アクライナー
ハットのパーツ
 テイジンの吸水速乾素材
 吸水性とドライ感に優れています
 (ポリエステル100%)
 ソフリナ ハットのパーツ hspace=
 高級人工皮革
 天然皮革シープのようにソフトで軽量
 (ナイロン60%・ポリウレタン40%)

通常は抗菌素材のアクライナー。その他、帽子のグレードやサイズによって使い分けています。



【春秋・夏の帽子の裏地】
 裏地なし
ハットのパーツ
 天井部分にクオリティマーク
 裏地あり
(ご希望の方のみ)
ハットのパーツ
 トップがサテン&胴回りがメッシュ生地
 追加料金1,500円(税抜)がかかります
 (37,000円以上の帽子は無料)

通常は裏地なし。裏地をご希望の方はショッピングカート内の「通信欄」にご記入ください。


ツバ先の仕様

 パイピング
ハットのパーツ
 ツバ先をリボンで包み
 さらに折り返して美しく仕上げる
 高い技術が必要で最高級の帽子に施す
 (リボン・エッジ)
 トリミング ハットのパーツ
 ツバ先をリボンで包んでミシンで留める
 折りべり ハットのパーツ
 ツバ先を折り返してミシンで縫う
 手間が多く正確な技術が求められる
 ロウ・エッジ ハットのパーツ
 カットしただけのシンプルなツバ先
 (切りべり、断ち切り)
 ロウ・エッジ
 (ミシン目入り)
ハットのパーツ
 ロウ・エッジに飾りミシンの入ったもの
 ツバ決め ハットのパーツ
 帽体の時からツバ先が編み上がっていて
 手を加えていないもの

リボンの仕様

 紳士飾り
ハットのパーツ
 紳士帽子のリボンの結び目で最上級の飾り
 左が1枚、右が2枚
 紳士
ハットのパーツ
 左右ともに1枚
 引き結び
ハットのパーツ
 右が1枚
 カジュアルな帽子に多い
 はね上げ
ハットのパーツ
 右が1枚で、
 リボンの先を少し上にずらしたタイプ
 カジュアルな帽子に多い
 つき合せ ハットのパーツ
 ワタリのみの一番カジュアルなタイプ
 段巻 ハットのパーツ
 バイアスの生地をプリーツ状に
 畳み込んだタイプ
 リボンの右端(三角の部分)の加工が難しく
 職人技が必要

※いずれも作業場内で使われる通称名です。


BUNJIROWバッジ

ハットのパーツ 

黒地に金のラインで、江戸文字「角字」の「文」がアレンジされたデザイン。
大きさは上部の出っ張りを除くと8mm×8mm。基本的に無地リボンのワタリ中心部分に付きます。


BUNJIROWピスネーム

ハットのパーツ ハットのパーツ

厚さ約1.5mmの半透明シリコン上にBUNJIROWという黒文字が浮き上がっています。
柄物やデザイン物のリボンに付きます。位置は各帽子により変わります。

文二郎帽子店
完成予定日
2017年11月27日~

夏の帽子

冬の帽子

春秋の帽子

文二郎コレクション

オリジナルグッズ

woder500

ショップブログ


instagram instagram

お客様のコーディネート

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

アドレスが間違っているとメールが届きません。ボタンを押す前にもう一度アドレスを確認してください。
Please enter your e-mail
address correctly
and press the button.

変更・解除・お知らせはこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク


楽天ID決済

ページトップへ