ハットについて

ハットサイズについて

当店の帽子サイズ




SとMの間「55.5cm」「56cm」・MとLの間「57cm」「57.5cm」・LとLLの間「58.5cm」「59cm」「59.5cm」
は各帽子ページに明記のサイズ範囲内でしたら製作可能です。
ご注文の際、「その他中間サイズ」をお選びいただき、ショッピングカート内の記入欄にご希望サイズをお書き添え下さい。

当店のサイズの測り方

帽子の内側にはビン皮(すべりリボン・スエットバンド・汗取りバンド)がついています。
その内周をその帽子の大きさとして表示しています。
自分の帽子サイズを知るには、ビン皮が当たるところを測ればいいということになります。

頭の一番太いところ=ちょうど帽子の下部分になるところを測り、
その実寸に「プラス1cm」足したものがお客様のジャストサイズです。

例えば・・・サイズ(L-58cm)の帽子は内周が58cmですので、
実寸が57cmの方に程よくフィットするサイズということです。
(決してピッチリとした被り心地ではありません。帽子と頭の間に多少の余裕があります)

なお、おでこを出しぎみに斜めに被る(あみだ被り)、バンダナを巻くなど
被り方で遊んでみたい方は、「実寸+1.5cm」にすると大きめの被り心地になります。

厳密に言えば、散髪したての髪と少し伸びてきた髪の毛の長さでもサイズは違ってきますし、
緩めが好きな方やピッタリでないと落ち着かない方などお好みによっても違います。


洋裁や仕立て屋さんで使う柔らかいメジャーで痛くならない程度に隙間なく、
おでこと後頭部のでっぱり部分から耳の1~2cm上部分をぐるりと測ります。


この写真の場合は実寸54.2cmですので、帽子サイズは「S-55cm」が適当です。
なお、同サイズでも縦に長いものや横が広めのものなど・・・
帽子の型によって被り心地は変わります。

初めてのお客様には、まず失敗のない「実寸+1cm」のサイズがおすすめです。

カンカン帽のサイズについて

カンカン帽は他の帽子に比べて硬いため、特にサイズが難しい帽子です。

画像のとおり、形は楕円で、横幅に比べ、前後が長い帽子です。
素材が硬いため、頭の周囲でサイズを合わすというよりは、頭の横幅の部分でサイズを合わせます。
・横幅がフィットすれば、前後にすき間があっても帽子は固定します。
・横幅がきつ過ぎると、帽子が頭に入りません。

    
基本的には通常の帽子サイズ(実寸+1cm)で大丈夫ですが、サイズがわからない場合は、
上記のサイズで、特に横幅に注意してサイズをお選びください。
サイズで迷われた方は、大きめのサイズをお選びいただく方が間違いないです。

カンカン帽も「その他中間サイズ」の製作が可能ですが、「1cm刻み」=「57cm」「59cm」「61cm」
となります。ご注文の際、「その他中間サイズ」をお選びいただき、ショッピングカート内の記入欄に
ご希望サイズをお書き添えください。

帽子の性質上、前後も横幅もサイズがピッタリ合うという方はほとんどいらっしゃいません。
もしサイズが大きい箇所(=頭と帽子にすき間ができる箇所)が気になる場合は、フィット感を増すために、
ビン皮部分へティッシュやガーゼなどの詰め物をして調整していただくことをおすすめしております。

最大サイズについて

当店の最大サイズは基本的には「LL-60cm」です。
(帽子の型によって「3L-61cm」でお作りできるタイプもあります。各商品ページでご確認ください。)
※パナマ ディクソンとミドルアンテ ディクソンは「62㎝」「63㎝」でお作りできます。

サイズが大きい場合は?

サイズを小さくするには下記の方法があります。

 1.ビン皮の中に詰め物をする
小さくしたい度合いによって詰め物の厚みや長さで調整します。
例えば薄紙(ティッシュペーパーや洋服を包むライス紙など)や厚紙などをビン皮の巾(3cmぐらい)に折りたたみ、
前後など数箇所や一周に入れます。夏など前半分に入れた紙を取り替えるとパナマの汗染みを防ぎます。

 2.ビン皮を折り畳む
ビン皮の3分の1~半分を中へ折りたたみます。
巾が半分になりますが、一番簡単な方法です。折りたたんだ厚み分だけフィット感が増します。

 3.ビン皮を縫い縮める
ビン皮の後ろ部分を少しつまみ、サイズが余った部分を縫い縮めます。

サイズが小さい場合は?

申し訳ございませんが、これは直す方法がありません。
サイズの交換は原則的にはしておりません。あらかじめご了承下さい。
当店はご注文をいただいてから、その方に合った帽子を一つずつお作りするオーダーシステムをとっていますので、
事前にサイズやツバ巾を十分にご確認下さい。

外国のサイズについて


センチ(cm)
55
56
57
58
59
60
イギリスのサイズ表示
6 3/4 6 7/8
7
7 1/8
7 1/4
7 3/8
アメリカのサイズ表示
6 7/8 7
7 1/8 7 1/4 7 3/8
7 1/2
インチ(inches)
21 5/8 22
22 1/2 22 7/8 23 1/4 23 5/8

(1inch=2.54cm)

例えば6と3/4 これは帽子を裏から見た時の楕円の前後の長径と、
左右の短径を合計した1/2の数字です。おそらく製作時の型番号ではないかと思います。
ヨーロッパとアメリカでは楕円の基準が違うので、
同じサイズでもアメリカ表示とイギリス表示では違ってきます。

同じ""の帽子でも、イギリスでは57cm、アメリカでは56cmということになり、
「自分は"7"だ」と覚えていても、その帽子がイギリス製かアメリカ製かを確認しなくてはいけません。

また、欧米人と日本人の頭を比べると欧米人は前後に長く、日本人は横に広いのが特徴です。
シルクハットやダービーハット、そしてカンカン帽などのハードハットを被ると、
前後にすきまができ、横が狭く感じてこれが実感されます。

ハットの取り扱い

特別な注意点


■【つまみ厳禁】

パナマは破れてしまうと元には戻りません。
帽子の脱ぎ被りの際はつまみ部分を持たないでツバを持ってください。


型に入れた最初の形
綺麗な丸い山になっています。
つまみ部分を持ち続けていると
徐々に山が尖ってきます。
山の頂点が破れました。
こうなると直せません。
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


■【水濡れ厳禁】

雨など水に濡れると縮んだり変形しますので、すぐに拭いてください。
リボンも濡れると縮みやすいため、濡れたまま置いておくとパナマもさらに縮んでしまいます。
汗をかいた場合もその都度こまめに、おでことビン皮(スベリ)を拭きましょう。


水に濡れたまま置いておくと
ツバも変形します
型が崩れる場合も 汗が染み込むと
パナマにもダメージが!
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


■【積み重ね厳禁】

帽子を重ねておくと部分的に変形したり、リボンが折れ曲がる等のダメージがあります。
シーズン中は帽子掛けなどにお掛けください。


帽子は重ねないで! 上に重ねた帽子の跡 リボンが折れ曲がることも
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


■【オフシーズンの収納】

当店のお客様はお送りした箱に、お届けした時と同じ状態で収納していただければ結構です。
収納前には必ず帽子のお手入れをしてください。(次項参照)


ハットケース入りと明記されている商品の場合
※ハットケースは別売りもしています

白箱入りと明記されている商品の場合
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


箱のないお客様は、ボール紙などで輪を作り、
逆さま(=クラウンが下につかないようにトップを浮かせた状態)にして、


ボール紙の輪 逆さまの状態
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い

箱に入れるか、ホコリよけの袋をかぶせておきます。
フエルトの場合は無臭の防虫剤を入れるのを忘れないようにしてください。

夏の終りのパナマ帽子の手入れ

夏の大敵はなんといってもでしょう。
そのまま放っておくとすっかりシミになり、気が付いた時にはもう手遅れ、ということも。
洗濯が出来ないので、その都度こまめなお手入れを心掛けたいものです。

パナマは天然のものですから、色も徐々にあめ色に変化しますし、劣化も少しずつ進みます。
何十年も持つものではありませんが、「お手入れ」をこまめにするのとしないのでは「持ち」は確実に違ってきます。

普段は帽子を脱いだらすぐ、軽くふいて汗や簡単な汚れを落とし、日陰で風を通します。
「汗は染みになる前にこまめに拭きましょう・・・」と言ってもこんなのムリですよね。
気になるシミができるのは仕方のない事です。

まず、水で濡らしたタオルをきつく絞りシミの部分を丁寧に拭きます。
水分が多いと縮みの原因になりますのでご注意下さい。
裏もビン皮(汗止めのリボン、スベリ、スエットバンド)を起こし、丁寧に拭いておきます。
その後もう一度乾いたタオルで水分をよく拭き取り、表のリボンのシワを伸ばし、
全体の形を整えて風通しの良い日陰で乾燥させて下さい。

汗臭い匂いなど気になる方は、市販されている繊維の匂い消し「ファブリーズ」「リセッシュ」など効果があるようです。
その場合は裏から吹きつけて下さい。

水拭きでも取れないガンコなシミなどはベンジンで拭いてもいいようですが、
なるべく専門家に任せた方がいいようです。

冬の終りのフエルト帽子の手入れ

冬の大敵はホコリ、汚れです。
この場合もその都度、こまめなお手入れを心掛けて下さい。

柔らかいブラシで毛並みの方向左回りに、クラウンのトップからツバへと丁寧にかけます。
これは週1回程度なら申し分ありません。
ブラシでも取れない汚れは良質のケシゴムで消し取ります。
油脂性の汚れは良質のベンジンでふき取ります。
ただし拭いただけではその部分がかえってシミになったりしますので、回りをぼかすなど注意が必要です。

またフエルトの帽子を自分でチョットだけ型を直したいというような場合、
ヤカンの湯気を利用した簡単な方法があります。
帽子を湯気に当ててから、裏から形を直し、その形のまま冷やします。
ただし、余り広い部分に同時に当てたり、強く当てすぎると
変形してしまって手に負えなくなりますのでご注意下さい。

また、ファーの毛並みを整えたい時やスジが付いた時なども、
スチームアイロンやヤカンの湯気をその部分に当てれば元通りになるのでお試し下さい。

こちらも汚れがひどい場合や型が崩れた際などは専門家に任せた方が良いようです。

メンテナンスについて

当店で買って頂いたお客様には、下記料金でオフシーズンのメンテナンスをいたします。
(夏の帽子は秋冬シーズンに、冬の帽子は春夏シーズンにお預かりいたします。)
お買い上げから2~3シーズン後、型が少し崩れてきてからをおすすめします。

ご注意
・他社製品はお受けしません。
・破れているものは更に破れがひどくなりますのでお受けしません。
・汚れやシミは完全には取れませんので、あまりにも汚れがひどいものはお受けしません。
・往復の送料はご負担下さい。

<ご依頼からお届けまでの流れ>
【1】まずメールかお電話でご連絡下さい
【2】帽子をお送り下さい
【3】1週間以内にメンテナンス内容と金額のお知らせ
【4】約3か月後に仕上がり
【5】発送前日にメールでご連絡
【6】ご返送

メンテナンス基本料金(※税抜価格) 夏の帽子 冬の帽子
 冬の帽子のメンテナンス(クリーニングあり) 12,000円 -
 夏の帽子のメンテナンス(クリーニングあり) 10,000円 -
 メンテナンス(クリーニングなし) 8,000円
 ツバ形の修正・変更(フラット、オールダウンなど) 4,500円~ ×

※メンテナンス料金はリボンの種類によって上記金額と異なる場合がございます。
※ネーム加工ありは上記の金額に1,500円(税抜)追加させて頂きます。

ハットの素材

帽子の原型-それが「帽体」


パナマ帽体 フエルト帽体
ハットの素材
ハットの素材
S.M.L.LL大体のサイズに編まれて輸入されます。
それらをサイズ別に仕分けするのも
職人の大切な役目です。
草の細さで値段のクラスが違ってきます。
S.M.L.LL大体のサイズに形成されて輸入されます。
ウール、ファー、カシミアなどの材料や
毛足のカット方法で価格が違います。

夏の素材「パナマ帽体」


ハットの素材

南米・エクアドルのトキヤ草を細く裂き乾燥させたものを、
現地の人が手で高度な技術をもって編み上げたものを「帽体」と呼びます。
これを輸入業者から買いつけ、当社が帽子に仕上げます。

その「帽体」を、型に入れてプレス、のり付け、乾燥、
と何回か繰り返して成形し、クオリティマーク、リボン、ビン皮付けなど
数多くの工程を経てやっと「帽子」に生まれ変わるのです。

この天然素材は均等ではないため、作業を機械化するのが難しく、
「帽体」は手作業で編まれるしかありません。
手できっちりと編まれた素材は、軽く、通気性にも優れた繊細なものです。
近年、手編みの上質な天然素材はますます希少価値のある貴重なものになっています。
















ハットの素材
ハットの素材
ハットの素材
パナマ帽体の原料、トキヤ草 草の内側のみを茹でる ひもにかけて干す

ハットのパーツ
ハットの素材
グレードの高 いパナマ、草1本が極めて細い レース編み

エクアドル産本パナマの印

「パナマ帽体」の内側にはエクアドル産本パナマの印があります。
(全てに必ず付いている訳ではありません)


ハットの素材
ハットの素材
ハットの素材
HAND WOVEN IN ECUADOR
エクアドル製手編み
(表面には写りません)
色付きパナマは
少し見つけにくいです
クオリティマークに隠れるか
剥がすことが多いシール

パナマの微妙のカラーや草の細さ、その違い分かりますか?


ハットの素材

「微妙に違うパナマのカラー」「草の細さによって段階的に仕分けられたクラス分け」
パナマの値段の違いはここにあります。

一番細いものと太いものを並べると差は歴然としていますが、パナマがどのクラスか見分けるのも職人のワザなんです。
例えば「オフホワイト」「ベージュ」でもグレードや素材によってこんなふうに色が異なります。

他に、ブラックやブラウン等染色したカラーパナマや、染色した草を模様編みにした柄入りのパナマがあります。

冬の素材「フエルト帽体」


ハットの素材

毛の繊維の「縮絨性」を利用して、
繊維の状態から直接「帽体」に形成したものを「フエルト帽体」と呼びます。

【縮絨性・シュクジュウセイ】を広辞苑で調べると、
「毛織物仕上げの一工程。石鹸溶液・アルカリ溶液を混じ、圧力・摩擦を加え
毛織物の長さおよび幅を収縮し、組織を密にし、表面の毛端をからませること」とあります。

要するに、羊毛ウサギの毛の繊維に、蒸気・熱・圧力を加え、
暖めては冷やしてを繰り返し、からませて毛布状にしたものをフエルトといいます。

その昔、聖地を目指したクレメンスというお坊さんが、
羊の抜毛を靴に詰めて歩いていたらフエルトになった・・・というのが発見の逸話です。

  「フエルト帽体」の特徴
  ・帽子を作るための専用の材料なので独特の風合いがある。
  ・材料は純毛で変質が少ない。
  ・織物と異なり繊維の方向性がなく、多方向に曲げてもスムーズな曲線が出るので帽子が美しい。
  ・どの方向に切っても切断面がほころびたり裂けたりしないので、切りっぱなしの処理が出来る。
  ・成形された帽子はそのままの型を保つため変形が少ない。
  ・帽子の裏側に縫い目や重ね目がない。

この「フエルト帽体」にはおもに「ウール帽体」と「ファー帽体」があります。
「ウール帽体」は、羊毛から作られていて堅牢で丈夫なことから一般に広く用いられます。
「ファー帽体」は、ウサギの毛から作られていて、繊維が中空で軽くしなやかな手触りで最高級の被り心地です。

高価な材料を使った「ファー帽体」の毛足と毛質は上品な光沢と手触りで、
染色の発色は鮮やか、薄くても形を保つため軽くしなやかです。

表面の仕上げにはベロア(起毛させてベルベット状にカットしたもの)や
アンテロープ(毛足は短く刈られ、ソフトでなめらかな手触りがある)などのタイプがあります。

「ファー帽体」は「ウール帽体」に比べて伸縮度が少なく、ムリをすると切れ易く、
また1度伸びたものを再び縮めることは困難であるなど、ウールよりも加工が難しく熟練を要します。
ここにも帽子職人の腕の見せ所があるのです。

最高級品質フエルトの印

「フエルト帽体」の内側には原産国の印があります。 (全てに必ず付いている訳ではありません)


ハットの素材

アンテロープ素材他 MADE IN PORTUGAL

帽子の原型-もう一つのタイプ「ブレード物」


ハットの素材

専門の職人が細長いテープ状のブレートを「帽体」の形に縫い上げたものを「ブレード物」と呼びます。

「ブレード物」は、ストロー(小麦の茎)・麻・ジュート(黄麻)・花麦など素材による違いや
ブレード幅によって随分印象が変わります。

重ねる部分を最大限に少なくし、幅も厚みも薄く縫い上げられた「ブレード物」は
軽くしなやかな質感があり、「帽体物」とはまた違った味わいがあります。
ブレード幅が細いものになればなるほど手間と高度な技術が必要ですので、高価になるのは否めません。


※当店では「帽体物」と「ブレード物」の2種類を使い分け、それぞれのシーンに合った帽子を皆さまにお作りしています。
どの天然素材も手で加工していますので、上質なものはどんどん手に入りにくくなっていくことでしょう。


ハットのパーツ


パーツの名前

帽子は「クラウン」と「ブリム」からできています。「クラウン」は上の部分、「ブリム」はツバの部分を指します。


【帽子の表】

ハットのパーツにはそれぞれ名前が付いています。外国から来たものや日本で付けられた名前など
各部それぞれ2種類ほどありますが、どちらを使ってもかまいません。



ハットのパーツ

「クラウン」「トップ」
帽子のリボン上部分をクラウン、その先端をクラウントップと呼びます。

「ツマミ」「フロントピンチ」
クラウンの前の凹んだところ。

「ツバ」「ブリム」
全て下向きのものは「オールダウン」、上向きのものは「オールアップ」、
前下がり後ろ上がりのものは「スナップムリム」と呼びます。

「リボン」「ハットバンド」「帯」
紳士の帽子はリボン一つで印象が変わります。

「ワタリ」
リボン結び目の中心部分。ブランドマークやボタンが付いていることも。
羽根飾りはクラウンとの隙間に差します。

「文二郎帽子店オリジナルバッジ」



【帽子の裏】

良い帽子は裏を見て買え」と言われます。裏にまで神経が行き届いた作りと、裏の品質の良さが高級品の証です。


ハットのパーツ

「ビン蝶」
真後ろのしるし。先端に結び目のあるものは最高級品の証。

「裏布」「裏地」
整髪剤から帽子を守ります。通常冬の帽子のみにつきます。

「ブランドマーク」
オリジナルマークの金色箔押し。

「品質表示」
素材やサイズ、取扱い方法が記載。
画像では品質表示の位置は左側ですが、右側に付いていることもあります。

「ビン皮」「スベリ」「スエットバンド」「汗取りバンド」
汗を止めたりサイズを決めるもの。 端に芯が入っている「たまぶち」を使用。


冬の帽子の基本仕様


【冬の帽子の素材】
 ポルトガル産兎毛100%
アンテロープ
 毛足が短くなめらかな手触り
 生地にコシがある高級素材

 ポルトガル産兎毛100% ミドルアンテ
 毛足が短くバックスキンのような手触り
 薄くて軽い素材

 ポルトガル産兎毛100% ベロア
 毛足をベルベット(ビロード)状に
 カットして
起毛させた素材
 ポルトガル産兎毛100% ロングヘアー
 毛足を長く残して
 つややかに仕上げた素材
 ポーランド産羊毛100%
ウール
 堅牢で丈夫な
 ウール素材

 イタリヤ産カシミヤ山羊100% カシミヤ
 独特のぬめりがあり
 保温性に優れた素材

材料や表面の仕上げによって手触りや印象が全く変わります。
当店では帽子のデザインやシーンによって使い分けています。



【冬の帽子のビン皮】
 ソフリナ
ハットのパーツ
 高級人工皮革
 天然皮革シープのようにソフトで軽量
 (ナイロン60%・ポリウレタン40%)
 アクライナー ハットのパーツ hspace=
 テイジンの吸水速乾素材
 吸水性とドライ感に優れています
 (ポリエステル100%)

通常はソフリナ。カジュアルでたためる帽子「ミドルアンテ/ファー スペシャルソフト」にはアクライナー。



【冬の帽子の裏地】
 裏地あり
ハットのパーツ
 サテン生地
 オリジナルマークの金色箔押し
 裏地なし ハットのパーツ
 天井部分にクオリティマーク

通常は裏地あり。「ミドルアンテ/ファー スペシャルソフト」と「ウール アーバンワイド」は裏地なし。


春秋・夏の帽子の基本仕様


【春秋・夏の帽子の素材】
 エクアドル産本パナマ
グレード1、2(石目)
グレード4、5(あじろ編み)
ツイストタイプ(細・荒)
鈎針編み

 透かし編みのるものはレースと呼びます
 色は基本のオフホワイト・ベージュの他に
 ブラックやブラウンなどのカラータイプも
 ストロー100%ブレード
 (小麦の茎)

 4.5mm巾の極細ストロー
 ブレード巾が細いほど高級品

 麻100%ブレード

 5.5cm巾のブレード
 ブレードを縫い上げるには高い技術が必要
 中国産花麦わら
 外国製の「モットル」とは違い
 軽くて薄いのが特徴

価格の大きな違いは編み目の細かさ。目が細かいほどしなやかで、編む手間がかかるため高価です。



【春秋・夏の帽子のビン皮】
 アクライナー
ハットのパーツ
 テイジンの吸水速乾素材
 吸水性とドライ感に優れています
 (ポリエステル100%)
 ソフリナ ハットのパーツ hspace=
 高級人工皮革
 天然皮革シープのようにソフトで軽量
 (ナイロン60%・ポリウレタン40%)

通常は抗菌素材のアクライナー。その他、帽子のグレードやサイズによって使い分けています。



【春秋・夏の帽子の裏地】
 裏地なし
ハットのパーツ
 天井部分にクオリティマーク
 裏地あり
(ご希望の方のみ)
ハットのパーツ
 トップがサテン&胴回りがメッシュ生地
 追加料金1,500円(税抜)がかかります
 (37,000円以上の帽子は無料)

通常は裏地なし。裏地をご希望の方はショッピングカート内の「通信欄」にご記入ください。


ツバ先の仕様

 パイピング
ハットのパーツ
 ツバ先をリボンで包み
 さらに折り返して美しく仕上げる
 高い技術が必要で最高級の帽子に施す
 (リボン・エッジ)
 トリミング ハットのパーツ
 ツバ先をリボンで包んでミシンで留める
 折りべり ハットのパーツ
 ツバ先を折り返してミシンで縫う
 手間が多く正確な技術が求められる
 ロウ・エッジ ハットのパーツ
 カットしただけのシンプルなツバ先
 (切りべり、断ち切り)
 ロウ・エッジ
 (ミシン目入り)
ハットのパーツ
 ロウ・エッジに飾りミシンの入ったもの
 ツバ決め ハットのパーツ
 帽体の時からツバ先が編み上がっていて
 手を加えていないもの

リボンの仕様

 紳士飾り
ハットのパーツ
 紳士帽子のリボンの結び目で最上級の飾り
 左が1枚、右が2枚
 紳士
ハットのパーツ
 左右ともに1枚
 引き結び
ハットのパーツ
 右が1枚
 カジュアルな帽子に多い
 はね上げ
ハットのパーツ
 右が1枚で、
 リボンの先を少し上にずらしたタイプ
 カジュアルな帽子に多い
 つき合せ ハットのパーツ
 ワタリのみの一番カジュアルなタイプ
 段巻 ハットのパーツ
 バイアスの生地をプリーツ状に
 畳み込んだタイプ
 リボンの右端(三角の部分)の加工が難しく
 職人技が必要

※いずれも作業場内で使われる通称名です。


BUNJIROWバッジ

ハットのパーツ 

黒地に金のラインで、江戸文字「角字」の「文」がアレンジされたデザイン。
大きさは上部の出っ張りを除くと8mm×8mm。基本的に無地リボンのワタリ中心部分に付きます。


BUNJIROWピスネーム

ハットのパーツ ハットのパーツ

厚さ約1.5mmの半透明シリコン上にBUNJIROWという黒文字が浮き上がっています。
柄物やデザイン物のリボンに付きます。位置は各帽子により変わります。

文二郎帽子店
完成予定日
2017年7月24日~

夏の帽子

冬の帽子

春秋の帽子

文二郎コレクション

オリジナルグッズ

woder500


ショップブログ
2017年6月22日 up date!
 instagram instagram

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

メールの受信拒否設定をされている場合は、以下ドメインを受信できるように設定ください。
@panamaya.com

変更・解除・お知らせはこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク


楽天ID決済

ページトップへ