ハットについて

ハットの取り扱い

特別な注意点


■【つまみ厳禁】

パナマは破れてしまうと元には戻りません。
帽子の脱ぎ被りの際はつまみ部分を持たないでツバを持ってください。


型に入れた最初の形
綺麗な丸い山になっています。
つまみ部分を持ち続けていると
徐々に山が尖ってきます。
山の頂点が破れました。
こうなると直せません。
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


■【水濡れ厳禁】

雨など水に濡れると縮んだり変形しますので、すぐに拭いてください。
リボンも濡れると縮みやすいため、濡れたまま置いておくとパナマもさらに縮んでしまいます。
汗をかいた場合もその都度こまめに、おでことビン皮(スベリ)を拭きましょう。


水に濡れたまま置いておくと
ツバも変形します
型が崩れる場合も 汗が染み込むと
パナマにもダメージが!
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


■【積み重ね厳禁】

帽子を重ねておくと部分的に変形したり、リボンが折れ曲がる等のダメージがあります。
シーズン中は帽子掛けなどにお掛けください。


帽子は重ねないで! 上に重ねた帽子の跡 リボンが折れ曲がることも
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


■【オフシーズンの収納】

当店のお客様はお送りした箱に、お届けした時と同じ状態で収納していただければ結構です。
収納前には必ず帽子のお手入れをしてください。(次項参照)


ハットケース入りと明記されている商品の場合
※ハットケースは別売りもしています

白箱入りと明記されている商品の場合
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い


箱のないお客様は、ボール紙などで輪を作り、
逆さま(=クラウンが下につかないようにトップを浮かせた状態)にして、


ボール紙の輪 逆さまの状態
ハットの取り扱い
ハットの取り扱い

箱に入れるか、ホコリよけの袋をかぶせておきます。
フエルトの場合は無臭の防虫剤を入れるのを忘れないようにしてください。

夏の終りのパナマ帽子の手入れ

夏の大敵はなんといってもでしょう。
そのまま放っておくとすっかりシミになり、気が付いた時にはもう手遅れ、ということも。
洗濯が出来ないので、その都度こまめなお手入れを心掛けたいものです。

パナマは天然のものですから、色も徐々にあめ色に変化しますし、劣化も少しずつ進みます。
何十年も持つものではありませんが、「お手入れ」をこまめにするのとしないのでは「持ち」は確実に違ってきます。

普段は帽子を脱いだらすぐ、軽くふいて汗や簡単な汚れを落とし、日陰で風を通します。
「汗は染みになる前にこまめに拭きましょう・・・」と言ってもこんなのムリですよね。
気になるシミができるのは仕方のない事です。

まず、水で濡らしたタオルをきつく絞りシミの部分を丁寧に拭きます。
水分が多いと縮みの原因になりますのでご注意下さい。
裏もビン皮(汗止めのリボン、スベリ、スエットバンド)を起こし、丁寧に拭いておきます。
その後もう一度乾いたタオルで水分をよく拭き取り、表のリボンのシワを伸ばし、
全体の形を整えて風通しの良い日陰で乾燥させて下さい。

汗臭い匂いなど気になる方は、市販されている繊維の匂い消し「ファブリーズ」「リセッシュ」など効果があるようです。
その場合は裏から吹きつけて下さい。

水拭きでも取れないガンコなシミなどはベンジンで拭いてもいいようですが、
なるべく専門家に任せた方がいいようです。

冬の終りのフエルト帽子の手入れ

冬の大敵はホコリ、汚れです。
この場合もその都度、こまめなお手入れを心掛けて下さい。

柔らかいブラシで毛並みの方向左回りに、クラウンのトップからツバへと丁寧にかけます。
これは週1回程度なら申し分ありません。
ブラシでも取れない汚れは良質のケシゴムで消し取ります。
油脂性の汚れは良質のベンジンでふき取ります。
ただし拭いただけではその部分がかえってシミになったりしますので、回りをぼかすなど注意が必要です。

またフエルトの帽子を自分でチョットだけ型を直したいというような場合、
ヤカンの湯気を利用した簡単な方法があります。
帽子を湯気に当ててから、裏から形を直し、その形のまま冷やします。
ただし、余り広い部分に同時に当てたり、強く当てすぎると
変形してしまって手に負えなくなりますのでご注意下さい。

また、ファーの毛並みを整えたい時やスジが付いた時なども、
スチームアイロンやヤカンの湯気をその部分に当てれば元通りになるのでお試し下さい。

こちらも汚れがひどい場合や型が崩れた際などは専門家に任せた方が良いようです。

メンテナンスについて

当店で買って頂いたお客様には、下記料金でオフシーズンのメンテナンスをいたします。
(夏の帽子は秋冬シーズンに、冬の帽子は春夏シーズンにお預かりいたします。)
お買い上げから2~3シーズン後、型が少し崩れてきてからをおすすめします。

ご注意
・他社製品はお受けしません。
・破れているものは更に破れがひどくなりますのでお受けしません。
・汚れやシミは完全には取れませんので、あまりにも汚れがひどいものはお受けしません。
・往復の送料はご負担下さい。

<ご依頼からお届けまでの流れ>
【1】まずメールかお電話でご連絡下さい
【2】帽子をお送り下さい
【3】1週間以内にメンテナンス内容と金額のお知らせ
【4】約3か月後に仕上がり
【5】発送前日にメールでご連絡
【6】ご返送

メンテナンス基本料金(※税抜価格) 夏の帽子 冬の帽子
 冬の帽子のメンテナンス(クリーニングあり) 12,000円 -
 夏の帽子のメンテナンス(クリーニングあり) 10,000円 -
 メンテナンス(クリーニングなし) 8,000円
 ツバ形の修正・変更(フラット、オールダウンなど) 4,500円~ ×

※メンテナンス料金はリボンの種類によって上記金額と異なる場合がございます。
※ネーム加工ありは上記の金額に1,500円(税抜)追加させて頂きます。

文二郎帽子店
完成予定日
2017年7月24日~

夏の帽子

冬の帽子

春秋の帽子

文二郎コレクション

オリジナルグッズ

woder500


ショップブログ
2017年6月22日 up date!
 instagram instagram

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

メールの受信拒否設定をされている場合は、以下ドメインを受信できるように設定ください。
@panamaya.com

変更・解除・お知らせはこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク


楽天ID決済

ページトップへ