文二郎帽子店ショップブログ

「今年の漢字」 date. 2017/12/25

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

年末になると「今年の漢字」が話題になります。今年は「北」だったでしょうか。
(“そもそも一字で表すというのがくだらない”とのご意見もあるようですが・・・笑)

そんな中わたしも考えてみました!今年のわたしの漢字は「辛」です。
つらいじゃないですよ~、からいです。

というのも今年はスパイスにハマりまして・・・人生で一番カレーを食べた1年だったかもしれません。
でも実はからいのが苦手で~(笑)
なのでスパイス(香辛料)の「辛」よりは「香」にハマったという方が正しいかもしれません。

帽子で言えばこの一年、夏も冬も「スペシャルソフト」ばかり愛用していました。
入社当初は型入れ帽子らしいカチッとした帽子がお洒落で新鮮で、
しっかりとツマミのあるものをかぶっていましたが、いまはもっぱらソフト派です。
となると、帽子部門で言うと今年の漢字は「柔」で決まりです!

皆さまはどんな一年だったでしょうか?

2017年も文二郎帽子店をご贔屓にしていただき誠にありがとうございました。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします!

文二郎帽子店ショップブログ


「帽子がドラマで使われています」 date. 2017/11/20

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

月9ドラマ、「民衆の敵」ご覧になっていらっしゃいますか?
先週の放送で、古田新太さんが「ミドルアンテ サボイ」を被って登場。
ミドルアンテ サボイ

でも車の中のシーンで暗かったため、あまりはっきりとわかりませんでした・・・。
しかしエンドロールでは持道具協力で「文二郎帽子店」としっかり名前を発見。
これから、もっと被って登場して欲しいですね~。

こういった美術協力の場合は、時代背景や衣裳に合うかどうかの他にも、
役柄のイメージで「こんな雰囲気の帽子を貸してほしい」と
リクエストをいただくことがあります。
帽子は人物のイメージ作りにも有効な小道具なのですね。

今回のドラマの古田さんの役どころは市議会のドンで
(今のところは?)ちょっと悪い政治家。
「ミドルアンテ サボイ」はそんなイメージの演出に役立つでしょうか?楽しみです。

実際の帽子選びも、衣裳選びと同じで、
ご自身の顔かたちや体型、洋服に合わせてチョイスする場合と、
イメージから、自分が被りたいものを選ぶ場合があるように思います。

イメージから選ぶ場合は、参考になる帽子、
例えば切り抜きの写真や画像などを見せていただくと分かりやすいかもしれません。
つい先日も店舗に、あるアーティストの方の帽子姿の写真を持って
お越しくださったお客さまがいらっしゃいました。

帽子のシルエットを決める型や、ツバの形状など、文二郎社長が詳しくご説明しながら、
お客さまにはご希望やイメージに近づくようにオーダーをしていただきました。
これぞ店舗ならではのビスポーク!

さて、皆さまは「似合う帽子」をお探しですか?
「被りたい帽子」をお探しでしょうか?
どちらの場合もどうぞお気軽にご相談&ご来店ください。

選び方は違うようですが、どちらも被れば被るほど
「似合う帽子」が「被りたい帽子」になり、
「被りたい帽子」が「似合う帽子」になり、
最後にはその人らしさがあふれる自分だけの帽子になっていくような気がします。


「登録ありがとうございます!」 date. 2017/10/12

 aya 
こんにちは!aya です。
朝晩涼しくなり過ごしやすくなってきましたね。

さて、以前ブログでご案内させて頂きましたメルマガ登録。
お蔭様で沢山の方にご登録頂いております。
ありがとうございます。

また、インスタグラムもひっそりと始めて約8ヶ月が過ぎました。
フォロワーも日に日に増えて嬉しい限りです。
インスタは帽子の写真をUPすると「いいね!」の数がリアルで
お客様の反応が分かり、次回の新作試作に参考になってます。
文二郎帽子店インスタグラム

帽子以外にも文二郎もたまぁ~に登場致しますので、
お時間のある際覗いてみて下さいね。
またホームページ以外の商品も登場したりするので、
気になった方はお問い合わせ下さいませ。

それでは、今月は日本橋三越と名古屋三越栄店でのオーダー会に
土日の2日間行きます。平日は既製品販売も開催です。

初めてのご来店の方も増えてますので、皆様お気軽にお越し下さいませ。


「帽子もそろそろ衣替え?」 date. 2017/10/04

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

今日のような日中、日差しが強い日にはまだ夏の帽子が役立ちますが、
夕方になり、カーディガンや薄手のジャケットを羽織ると、
冬のフエルトがしっくりときます。
「帽子もそろそろ衣替え?」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

夏に活躍したパナマ帽、ハットケースにしまう前には必ず
しっかりとお手入れをしてください。
汚れたまま、汗が付いたまま収納してしまうと、来シーズンいざ被ろうと
取り出した時に「リボンに汗染みが~!」なんてことが起こってしまいます。

(毎年必ず、パナマの被り始めの時期に
「汗染みどうしよう?」とご相談があります・・・)

詳しいお手入れ方法は、どうぞこちらのページで→【ハットの取り扱い】

夏の帽子なので汗をかくなというのは無理なこと。
2~3シーズン被って、リボンの汚れや型崩れが気になる場合は、
これからのオフシーズンにクリーニング&メンテナンスをご依頼ください。
※破れているものはメンテナンスをお承りできません。
まずは事前にメールかお電話にてご相談くださいね。

気候が良く、過ごしやすいこの時期・・・
季節的に相応しいのは、パナマ? or フエルト?
と悩ましい合い(間)の季節にはシルク素材がおすすめです。
先日、新色「モスグリーン」と「ブルー」が登場しました!

シルク ジャズデューク 
シルク ジャズデューク」新商品


シルク モントレー 
シルク モントレー」新色

このニット素材、被り心地の良さから色違いでお求めになる
お客さまも多くいらっしゃいます。
「でも・・・今からオーダーしたら冬になってしまうのでは?」
大丈夫です!秋はもちろん、春にも大いに活躍します~(笑)


読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」 date. 2017/08/29

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

大阪は猛暑続きですが、吹く風に少しだけ秋の気配を感じます。
皆さま、夏の疲れは出ていませんか?

8月10日放送の読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
お盆明けから店舗には連日「放送見たよ!」とお客さまにご来店いただき、
メールでも反響をいただき嬉しく思います。

今回、生中継ということもあり、当日撮影スタッフは総勢20人ほど!?
工場には機材がつぎつぎと運び込まれ、設営が始まり、
35度の気温、型入れの蒸気の熱、人の熱気でクーラーをフル稼働させても汗がタラタラ・・・

8分間の生中継をするのに、準備を重ね、時間と労力を費やし、大勢の人が動く。
こんなにも大変なんだ~、テレビを作るのって。ただただ感心しました。
それでは当日の舞台裏を少し。

かんさい情報ネットten. マイクを付けてもらうあやさん

かんさい情報ネットten. リハーサルは緊張ムード

かんさい情報ネットten. パナマの材料トキヤ草 帽子の原型

かんさい情報ネットten. ワハブさん、あまり緊張しないタイプ?

かんさい情報ネットten. リハーサル、パナマの仕上げ撮影

かんさい情報ネットten. 気象予報士・蓬莱さんと記念撮影

関西のお客さま、ご覧いただきありがとうございました!

「販売を終了いたします」 date. 2017/08/04

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

この前テレビで、炎天下に街を行く人(無帽)の頭部を温度計で測ったら42℃度でした。42℃!!
帽子があるのとないのでは5℃ほど差があると言われているそうです。

あと夏に多い紫外線、肌の老化を早める「UVA」と、
免疫低下や皮膚がんにつながる恐れのある「UVB」の2種類があり、
「UVB」は太陽高度が高い時ほど地上に届く量が増えるため、7、8月には冬の5倍にも!
この紫外線対策にも帽子が役立ち、ツバが長ければ長いほど紫外線を防ぐことができる
という調査結果が出ているそうです。
 
皆さま、夏はツバ広の帽子がおすすめです。

さて2017年秋冬新作帽子は9月にホームページUP予定です。
今シーズンは色もデザインもシブめです。渋好みのお客さま、どうぞご期待くださいね!

新作公開を前に、2016年新作は帽体在庫数の関係で8月で販売を終了いたします。

アンテ スキャットアンテ スウィング
アンテ コンフォート      アンテ スキャット      アンテ スウィング

終了するのはこちらの3点。
ご興味のある方、先シーズンから気になっている方・・・どうぞお早めに!


「職人の日課」 date. 2017/07/21

 aya 
こんにちは!aya です。
暑い暑い日が続きますが、皆様お元気でしょうか?

工場内は型入れの蒸気で蒸し暑くクーラーが効きません。
そんな中、職人さんには本当に頭が下がる思いです。

今回は私の主人でもある、職人ワハブさんの日課をご紹介します。

彼の仕事は型入れ帽子のメインとなる「型入れ」と帽子の固さを調整する「糊付け」です。
(その他諸々ありますが。。。)
型入れ作業については、「BUNJIROWの帽子作り」ページで説明と画像がご覧いただけます。

帽子の固さを調整する糊付け作業ですが、作業の前に毎日の日課として
朝、昼、晩と天気予報をチェックします。
(天気が悪いと糊の乾燥に影響し二度手間になったりするので、
天気の良い日を狙って作業しています。)

この季節は炎天下で日差しもきつく、すぐに乾燥してくれるので
助かるのですが、急な雨には注意を払います。
逆に冬場は悪天候+寒さで糊付け作業の段取りが狂ったりと苦労しています。

さて、天気予報のチェックですが私たち夫婦はi phoneの携帯を使用して確認しています。
以前、主人が朝の出勤前に大声で「えっ?!これ何???」と叫び出しました!!!
そして「ちょっと、ちょっとこのマーク何???こんなの見たことがない!」と
携帯の天気予報の画面を見せに来ました。
これが主人が謎だらけで困惑してたマークです。

文二郎帽子店ショップブログ

私は子供たちの朝の学校の送り出しでバタバタしていたので、
謎のマークを見て「まぁそのうち分かるんじゃない?!」と
冷たく接してしまいました(反省)
一応、謎のマークを検索すると「風に注意!」のマークでした。
その他、いろいろとまだ見た事もないマークがたくさんで勉強になりました。

弊社の帽子作りは一つ一つ手作業で長年の感覚が必要となります。
また、作業は天気にも左右されるので段取りを組むのも職人の経験と
感覚が問われます。

さて、まだまだ暑い日が続きますが冬物の新商品の試作が終わり
只今、帽子のネーミングと吉田店長がホームページの画像アップの為の
準備を行っております。
8月末~9月上旬頃にはアップ出来るかと思いますので、楽しみにお待ち下さいね。

また8月末からオーダー会も開催致しますので、皆様にお会い出来る事を
楽しみしております。

それでは、暑さ対策と水分補給とBUNJIROWの帽子を被って
暑い夏を乗り切りましょう!!!


「カンカン帽が人気です」 date. 2017/06/22

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

店舗もオンラインショップもカンカン帽が人気です。
「以前からずっと欲しいと思っていた・・・」と言って店舗に来られるお客さまも多く、
①ずっとあこがれていて、いつかは被ってみたい帽子だった。理想のカンカン帽を探していた。
というお客さまや、
②欲しかったけれど、サイズが不安で買えなかった。合うサイズがみつからなかった。
と、今まで買えなかった理由は、大きく分けてこの2つがあるようです。

幸い店舗には規定サイズ(56、58、60、62cm)のサンプルもそろっていますので、
皆さま見て納得、かぶって安心!ということで、オーダーや既製品をお求めいただいております。

しかしオンラインショップは・・・
残念ながら「見て納得、かぶって安心」というわけにはいかないのですが・・・
選択が難しいサイズについては、こちらのページ「カンカン帽のサイズについて」
http://www.panamaya.com/hpgen/HPB/entries/2.html

をご覧いただき、ご不明な点やご不安な点がございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

素材や仕事ぶりについては、当店を信用していただくしかないと思っております!

店舗もオンラインショップも既製品「文二郎のカンカン帽(黒リボン)」を販売中です。
皆さまのご注文をお待ちしております。

文二郎のカンカン帽



「override×BUNJIROW ダブルネーム カンカン帽」 date. 2017/05/19


override bunjirowカンカン帽

override bunjirowカンカン帽
雑誌『2nd』にoverride×BUNJIROW ダブルネームのカンカン帽が掲載されています。
えい出版社 2017年5月16日発売

リボンは3種類。文二郎帽子店とはリボンが異なり、こちらもお洒落です。
数に限りがありますので皆さまお早めに!

【掲載商品 販売店舗はこちらのオーバーライド】
override舞浜店・赤レンガ店・川崎店・メンズ東京店・メンズ大阪店・南堀江店
明治通り店・ルクアイーレ店・ソラリアプラザ店・博多店・新潟店・arth新宿店

【オーバーライド ショップリスト】
http://overridehat.com/shop/

※在庫状況等詳細は直接上記店舗へお問い合わせくださいね。


「BUNJIROWの帽子作り」 date. 2017/05/11

 yoshida
皆さま、こんにちは!オンラインショップ店長 吉田です。

文二郎帽子店の帽子をもっと知ってもらいたい!
という気持ちから「BUNJIROWの帽子作り」というページを作りました。
帽子作りに欠かせない機材や道具、そして作業風景や製作工程などご紹介しております。

「BUNJIROWの帽子作り」
http://www.panamaya.com/hpgen/HPB/entries/23.html

皆さまにお届けしている帽子1つ1つがこんなふうに作られております。
ぜひページをご覧くださいね。
              
現在、工場は夏物製作の真っ盛り。
気温も高くなり、作業場は蒸気の熱もあって暑くて過酷です。
わたしの仕事場は2階で、型入れ作業場の上にあります。
冬は下から暖めてくれるので良いのですが、これからの季節は暑くて暑くて。
とはいえ、作業場に比べれば天国で「暑い~!」なんて言ってられません。
でも我慢できずに言うんですけどね(笑)

いよいよパナマシーズンの到来です!


文二郎帽子店
完成予定日
2018年2月26日~

夏の帽子

冬の帽子

春秋の帽子

文二郎コレクション

オリジナルグッズ

woder500

ショップブログ


instagram instagram

お客様のコーディネート

お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

アドレスが間違っているとメールが届きません。ボタンを押す前にもう一度アドレスを確認してください。
Please enter your e-mail
address correctly
and press the button.

変更・解除・お知らせはこちら

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク


楽天ID決済

ページトップへ